■国際警察機構近代超科学事件解決組織「モティス」(Modern OverTechnology Incident Solution group)
通称モティス。
ポリニアンの来訪により持たされた様々なテクノロジー、近代超科学と呼ばれているこれらは人類の文明を大きく発展させたが未だに解かされていない謎は数多く存在する。
この超科学により起きた特殊事件を調査・解決、そしてこれらの事件を様々な角度で研究しポリニアンや超科学技術をより深く理解・解明するために組織された国際連合機関、それがモティスだ。
地球の衛星軌道上に本部があり地球各地、月、スペースコロニーに支部が設置されている。

■モティス附属国際統合学院「マイティス」
有望な人材を発掘しモティスの隊員として育成・教育するために設立された学院。
学生達はそれぞれの特技や潜在能力を認められそれを引き出すために日々勉強している。
太平洋中心の人工島に建設された巨大学院。
幼、小、中、高、大学生まで様々な国籍の人材が集まった名門として知られている。
クラスは年齢や学年別に分類されておらず、主な目的によりいくつかの組が存在し様々な年齢の学生達が同じクラス内で共に活動している。
技術応用のための「研究」、事件発生時武力を行使するための「戦闘」、事件の調査をするための「捜査」、宇宙開発のための「開拓」、未知現象の事件を担当する「超常」、異次元探索の「異次」他に「医療」「開発」などなど。
勉強システムや雰囲気は大学に近く制限的でありながらモティスの隊員として権限をもっている。
学園内にはウォーカーのドックや整備場、トランス施設などもあり、事件担当組はレベルC以下の任務を担任先生の指導下遂行している。
敷地の中央に超科学研究所・学園本部、それを中心に教育施設が建てられている。
学院内は自然豊かな環境になっており公園など休憩施設も、また一般学院のように部活なども充実しており水泳、テニス、野球、サッカー場などの施設もある。
生徒は島の学院周りにある寮住宅地や商店に学院関係者、トランス施設が備わってない地域、寮生活の生徒達が暮らしている。 

■ピースガン事件
旧世紀にポリニアンが来訪、その影響により様々な紛争が起きる中、ポリニアン達を無条件に弾圧・支配しようとする超強硬派の組織「ジオノス」があった。
彼らはが強力な衛星兵器「ピースガン」を作り上げポリニアン達を圧倒しようとしたがこの兵器は政権剥奪、世界の主導権を握ろうとするテロリスト達に奪われ世界各地に無差別攻撃を開始、多勢の人命被害を出した。
しかしポリニアン収容派の組織「コスモランプ」、特に組織の中心でありシンボルとされた人間男性・ポリニアン女性カップルの「新鉄」「クローバ」の活躍により事態は収まる事になる。
この戦いで「新鉄」は戦死するが世界中の人々が彼らに共感、歴史を動かす大きいきっかけとなった。

■パイオン(PION)星間戦争
新人暦200代、地球と月の間に勃発した大戦争の事。
当時進められていた月のテラフォーミング計画(地球化)は人間やポリニアンが活動し難い月面で作業を行うため遠隔操作によるウォーカーの作業が多く行われており、これをうまくコントロール・管理・整備するために作られたのが「パイオン月基地」だった。
しかしそのパイオン月基地はある日突然武装蜂起、ウォーカー操作用超長距離送受信施設・特殊ウィルスを利用し全世界のウォーカーを一気に乗っ取り地球に戦争を仕掛けてきた。
それに対抗するため、パイオンに支配されない自我を持つウォーカーとして「モートロイド」が生み出された。
「アクシオン・アルトロス」が率いるロイド軍団はパイオンのメインコンピュータ「パイオン・ベータ」を制圧、地球権を脅かした戦争は終結を迎えた。
しかしパイオン基地の関係者は制圧前すでに全員死亡しており、残されているデータも重要事項が欠けているなど、多くの疑問点が残っている。
戦争勃発の理由が不明確でコンピュータであるパイオン・ベータの仕業だと主張している人もいる。

■グノトン仮量子演算システム
パイオン星間戦争中、月側が開発した超高性能演算システム
パイオン・ベータに使用され地球側の多くの施設・ウォーカーが乗っ取られてしまった。
理論上の量子コンピュータをグノトン仮量子を利用し不完全に再現している物だが、それだけでも既存のシステムをあっという間に突破できる性能を持っていた。
戦争後、破壊されたシステムを修理し現代では一般的なコンピュータとして使われるようになっている。
トランスシステムもこの演算装置のおかげで実現する事が出来た。

>資料更新中......